効果測定はアナリティクス活用方法の1つでしかなく、顧客理解やセグメント発見も重要です。例えば、資料請求のリード一覧にGAの閲覧履歴を合わせると、見込み顧客の関心エリアや本気度がわかるので、営業アプローチする際の参考になります。有料ツール(MA)を使わずに無料GAで実装してみました。

以下のフォームに記入して送信すると、その内容とGAの閲覧履歴データがClient ID単位で結合されてGoogle Sheetsに自動反映されます。

夏は好きですか?
 
理由は?
  • 入力内容はこの公開Spreadsheetに反映されるので個人情報は入力しないでください
  • GAのデータは1時間ごとに更新されます
  • スプレッドシートをコピー(複製して保存)すると自由に編集できるようになります

真似してみよう

  1. Google Formsでフォームを作る
  2. 本ページを参考にしてフォームのHTMLページを作る
  3. フォームを含むサイト全体にGAを導入しclient IDをカスタムディメンションへ入れる
  4. Google Formsによって回答が自動記入されるGoogle SheetsにGAのアドオンを入れてGAデータを抽出し、定期実行をONにする
  5. サンプルをコピーして参考にしつつ、ビジュアライズ

説明がざっくりすぎるので、小杉さんが丁寧な解説記事を書いてくれました。わかりやすい!