GTM (Google Tag Manager) でGAのClient IDを取得する最新で確実な方法について。

今までの問題点

Cookieから取得する、Callbackで取得するなど、いろいろな方法がありましたが、新規訪問の最初の1ページ目で取得できない、無駄なイベントトラッキングが増える、GAのタグをそのままカスタムJavaScriptタグとして貼り付けるので タグマネUIの便利機能を使えない、などの 不便な点があり、イマイチな状況が続いていました。

2018年8月の今では、2017年にGA (analytics.js)に追加されたCustomTaskという機能を使うのが一番楽で確実です。

1. GA管理画面でカスタムディメンションを作る

Client IDを格納するカスタムディメンションをGAの管理画面で作成しておきます。範囲はユーザーで。

2. GTMのカスタムJavaScript変数を作る

カスタムJavaScript変数を作って以下のコードを入力します。

1
2
3
4
5
function() {
return function(model) {
model.set('dimension1', model.get('clientId'));
}
}

  • カスタムディメンションの番号は適宜変更してください

3. customTaskを追加する

GAのタグ(または使っている場合はGA設定の変数)で、「customTask」という名前のフィールドを作成し、値で前述の変数を指定します。

  • フィールド名の名前は変更しないでください(頭のcは小文字、スペース無し)

はい、これだけ。簡単ですねー。

とはいえ、公開前のテストをお忘れなく。

元ネタ:#GTMTips: Use customTask To Access Tracker Values In Google Tag Manager - Simo Ahava’s blog

2018年7月追記:GTMを使わない場合はGAタグのsend previewよりも上に以下のコードを追加します。

ga(‘set’, ‘customTask’, function(model) {
model.set(‘dimension9’, model.get(‘clientId’));
};