Webビジネス歴23年。UXとIAの分野を開拓後、楽天やWebCrewなどの事業会社においてIT・UX・アナリティクス活用による改革を推進。2011年に渡米し、Adobe Analytics(SiteCatalyst)の企画・開発・啓蒙に携わる。2014年に帰国し独立。コンセプトダイアグラム提唱者。
執筆・セミナー多数。2008年文部科学省アドバイザー委員。2014年Web人賞受賞。

著書

  • 「コンセプトダイアグラムでわかる[清水式]ビジュアルWeb解析」
  • 「サイトサーチアナリティクス アクセス解析とUXによるウェブサイトの分析・改善手法」(監訳)
  • 「商談に結びつける 売上をあげるためのBtoBデジタルマーケティング入門」(共著)

LinkedIn | Facebook | Twitter

“役立つWebを実現したい”

利用者にとって心地よく役に立つWebを増やしたい。ユーザー中心主義を実現する方法について1995年から考え、実践しています。経営者、中間管理職、現場、ユーザーが満足できる方法を探すうちに、UX(ユーザーエクスペリエンス)やIA(情報アーキテクチャ)、CMSからWeb解析、CRM、キャリア論、組織論にまで広がってきました。たまにはガジェットやツール活用テクの話も。

壁は静かにぶっ壊せ

日本では社外からのコンサルティングに限界を感じるので、正社員として入社し、プロジェクトを主体的にリード。最初から「変えるぞ」と言うと反発を受けるので、必然性を作りながら少しずつ進め、数年かけて変革するスタイルです。2011年にはアメリカで就職。会社や業界や国なんて誰かが決めた便宜的な壁でしかない。自由に泳ぎ、今すべきことに全力で集中しています。

キャリアは自分で作ろう

長期的なビジョンを持ち、次に入るべき業界、会社、職種を見つける。10年後に振り返っても、履歴書に書けるのは数行程度。将来につながることが書けるようになるまで背水の陣で粘り、行数が増えなくなったら次へ進みます。